職場やお友だちのなかに“いつも恋人がいる人”っていませんか? 美人というわけでもなく、人目を引くほどカワイイわけでもなく、それに抜群にスタイルがいいわけでもなく……「あの娘って、普通にどこにでもいる女じゃん」っていう女性が。

その人よりもスタイルがよくてカワイイ人には恋人がいないのに、なぜあの子に!? そんなこと、経験ありませんか? でも、そういう「普通にどこにでもいる女」の子の方が、美人や自分を磨いている人よりも“恋の熟練者”だったりするわけです。

■失恋で2倍の年齢になる!?
女性は歳を重ねるたび、恋愛に臆病になっていくもの。恋愛をすると精神力も時間も使うし……ということから、次から次へと新しい恋愛に動けなくなるのです。ひとつの失恋を経験すると、その恋愛期間の倍ぐらい歳を取ったように感じたことはありませんか? でも、そんなことをいっていては“恋”は始まりません。

恋愛のオキテに従えば、カンタンに恋は始まるのです。必要なテクニックはただひとつ。「いかに男性から告白させるか」です。このテクニックを知っているかどうかで恋愛指数は大きく違ってきます。常に恋人がいるという、ひと並み女は「男性に告白させるのがうまい女」だったのです。

■短期集中型

では、どのようにしたら「告白される女」になれるのでしょうか? キーワードは「短期集中型」です。長い間思い続けるのも素敵なことですが、その長期にかける労力の半分を短い期間に集中させることによって、時間も労力も少なくて済むのです。

■男は夢見ちゃん
恋愛とは、理想と現実の間を行き来するもの。どんな人でも、恋愛には多少なりとも幻想を抱いていたりするものです。「どれぐらい幻想を抱かせることができるか=告白への階段を上る」。これが“恋愛のオキテ”だったりします。これを短期間でどこまでできるかが、肝心なところです。

そこのあなた、幻想を抱かせるって難しそう……とか思ってませんか? そんなことはありません。ただ二人きりのときに、ギャップを見せるだけでいいのす。このギャップの数が、「告白させる度数」に比例してきます。たとえば、勝気な女の一筋の涙、内気な女の汚い部屋、いつも明るく元気なのに弱気な一面……などなど。

あとは、告白させるシチュエーション作り! これもカンタンで、たぶん今までかけた労力の1%でできます。二人きりのときに「帰りたくないオーラ」を放てば、もう完璧。ここまでして、告白してこない男は時間をかけても実らない可能性の方が高いです。

最後に、告白されたからといってすぐ身体の関係に陥らないようにご注意アレ。「軽い女」と見なされる可能性があるので、そこは慎重にした方がベストかと思われます。さぁ、あなたも「短期集中決戦」で頑張ってみませんか。


■オススメ! 最新人気トレビアンニュース
【Yabee!知恵袋】電気料金がチョー安くなる方法!
【Yabee!知恵袋】宅配便を不在でも受け取れる方法
性経験ゼロ! ヤラミソ奇腐人のピンクな駆け引き

■関連リンク
トレビアン恋愛
既婚者の恋愛について
オススメ邦画(恋愛編)ランキング
モテるTシャツを買ってみようか

元記事
恋愛のオキテ:短期集中型で挑め!