古生物学者のFrancois Escuilieと協力し、人間や捕食を行う動物の頭蓋骨と比較して、推測されるパックマンの頭蓋骨を再現しています。なんとなくパックマンに歯はないと思っていたのですが、この姿だとかなり凶暴そうな感じがします。

詳細は以下から。
Le Gentil Garcon

まずこれが最初に作られた頭蓋骨。眼窩が見あたらないのでパッケージに描いてある手と足のついたパックマンではなく、ゲーム内に出る円グラフのようなパックマンの頭蓋骨だと思われます。


材料は石膏で大きさは35cm。


そしてこちらが古生物学者の協力を得て作られたアドバンスドバージョン。


材料は樹脂で、直径は65cmに。


追加されたこの骨はいったい……。


関連記事
アーケードゲーム版「パックマン」の台 - GIGAZINE

ESRB審査だとパックマンの凶暴性は61.7% - GIGAZINE

Google Mapsにてパックマン発見 - GIGAZINE

Excelで作られたゲームセンター - GIGAZINE

ストップモーションで昔のゲームを再現したムービー - GIGAZINE

アニメや映画キャラクターのタトゥー - GIGAZINE


記事全文へ