(c)創通・サンライズ

070510-gundam_ld.jpg


といっても寝てますが…。


こちらは来る7月にオープンする、富士急ハイランドの新しいアトラクション「ガンダム クライシス」の話題です。昨年末まで営業していた「ガンダム・ザ・ライド」の後継アトラクションになるようですね。


今回の舞台は「ガンダムの格納庫」。そこにはなんと、世界初! 全長18mの全身像ガンダム!!! が、実際に格納されるんだとか。昨年8月に惜しまれつつも閉館となった「ガンダム・ミュージアム」には、上半身の実物大ガンダムが展示されていましたが、さらにスケールアップするわけです。


アトラクションはミッションクリア型、ウォークスルータイプということで、大人から子供まで安全に楽しめるものになりそう。「もっと詳しいことを教えて!」と思っても、今回のプレスリリースでは、『次回プレスリリースでは更なる全貌が明らかに!』 と期待を持たせていますよ。


おそらく参加者の目の前にVの字が書いているマニュアルが飛んできたり、ガンダムに搭乗して、起動、全長18mのガンダムが大地に立つという内容になるに違いありません。もちろん参加者はお約束で「すごい、5倍以上のエネルギーゲインがある」と呟けなければ、即ゲームオーバーです。


料金は800円。いやー、ホントに7月が待ち遠しい!  (野間恒毅)


ガンダムクライシス(プレスリリースpdf) [ 富士急行 ]


【関連記事】 新生「バンダイミュージアム」は、ガンダム率激減!?

【関連記事】 ガンダム野戦服

【関連記事】 僕らと同じ背丈のガンダム:バンダイ「HYPER HYBRID MODEL 1/12 RX-78-2 GUNDAM」