もしも世界初の動力飛行を成功させたライト兄弟が転職するとしたら・・・
[有名人のレジュメ]もしオーヴィル・ライトが31歳でレジュメを書いたら

もしもオーヴィル・ライトが転職するとしたら……歴史をひもとき、レジュメを代筆

今回取り上げたのは、「オーヴィル・ライト」。と聞いても、ピンとこない方もいるかもしれない。世界で初めて、エンジンの力でプロペラを回し、自力で飛行する飛行機を完成させた、あのライト兄弟の弟君といえば、おわかりだろうか。
ライト兄弟の偉業は、世界初の飛行を成功させたことよりも、その実現のために、飛行中の飛行機の姿勢を安定させ、意のままに操るための機体構造を、さまざまな検証・洞察・実験によって導き出したところにある。彼らが発見した主翼や垂直尾翼の構造は、現在のジャンボジェット機にもそのまま受け継がれているのである。
兄弟とも、高等教育は受けていないが、独学で航空力学を学び、自転車店を営む傍ら、得意の工作技術を駆使して、グライダーや飛行機を自作していった。成功してのちも名声に溺れることなく、生涯、一途にエンジニアであり続けたライト兄弟。その真摯な姿勢は、エンジニアのかがみと呼んでも差し支えないだろう。

思索家で学究肌の兄ウィルバーに比べ、行動的で機械いじりが好きで、アイデアマンだった弟のオーヴィル。そこで、「もしもオーヴィル・ライトが、実用可能な飛行機を完成させた33歳のときに、その機体製造と操縦技術のノウハウをもって、転職活動を行うとしたら……」と仮定して、レジュメを作ってみた。
転機を感じている方は、ぜひ自分のエンジニアキャリアと比べてみてほしい。

それでは早速、オーヴィル・ライト33歳の「職務経歴」「自己PR」「キャリアプラン」をご覧いただきたい。

□プロフィール
1871年、アメリカ・オハイオ州デイトンで生まれる。7歳のとき、父からおもちゃのヘリコプターをもらい、兄ウィルバーとともに空を飛ぶことに興味を抱く。1887年、兄弟で、印刷機や足踏み式自動紙折りたたみ機を自作する。1889年、17歳でさらに大きな印刷機を自作し、デイトンで週刊新聞『ウエストサイドニュース』を創刊。母の死をきっかけに高校を中退。1890年、19歳のときに新聞を日刊化して『イブニング・アイテム』と名前を改めるが、3カ月で廃刊。印刷業に専念すべく、兄とともに「ライト&ライト印刷所」を創業する。

□職務経歴

[POINT]研究開発と実証試験を真摯に積み上げ、世界初の動力飛行を成功させた経歴をアピールするはず

1982年(21歳) 「ライト自転車商会」を設立
印刷業を続けながら、デイトンの中心部に自転車の販売・貸出・修理を手がける店を兄とともに開業。店内で工作機械を動かすための単気筒の内燃機関を自作。
オリジナル自転車「ヴァン・クリーヴ号」「セントクレア号」を製作・発売。
オリジナル自転車の性能をPRするため、アマチュア自転車レースにたびたび参加、多くのレースで優勝。
店舗を4店舗に拡大。経営全般で兄を補佐しつつ、販売と製品開発の中心的役割を担う。

1899年(28歳) 飛行の安定と操縦にかかわる翼の動きを発見
飛行に必要な翼・動力・操縦の3要素のうち、最も研究の遅れていた操縦に着目。
自転車業で得た経験、鳥の飛翔観察、凧による実験などを通じて、飛行機の翼を左右逆にねじることで飛行時の機体の安定が保たれ、スムースな旋回が可能になることを発見。

1900年(29歳) グライダーの有人飛行に成功
ノースカロライナ州キティホークで、自作グライダー(1号機)による有人飛行に成功。
上下に2枚の翼をもつ複葉機で、操縦者が飛行中に、主翼の翼端を左右逆にひねる操作を行える機体を世界で初めて考案。安定した飛行を可能にした。
兄ウィルバーの操縦で、最長滞空時間20秒、最長飛行距離120mを達成。

1901年(30歳) 風洞実験装置を開発
2号機を製作し、キティホークで試験飛行を実施。この試験飛行によって、翼の形状に再考察が必要との見解に達し、そのための実験装置を開発。
実験装置は全長約2.45m、常に一定の風量を人工的に発生可能。風洞部は高さ・幅とも約40cmで、その中に実験対象(断面の異なる主翼のミニチュア)を固定し、流動する空気の中でどう反応するかを実験できるように設計。
その結果、翼の形状に関する航空力学の新たな計算式を導き出すことに成功。

1902年(31歳) 垂直尾翼を方向舵とすることを考案
前年の計算結果をもとに、グライダー3号機を製作。キティホークで試験飛行を実施。
空中での旋回時の安定性を向上し、スムースでコンパクトな旋回を実現するためには、主翼の動きとともに、垂直尾翼の果たす役割が大きいことを発見。それまで2枚だった垂直尾翼を1枚に変更、さらに、方向舵を取り付けることで、飛行時の機体の完全なコントロールに成功。

1903年(32歳) 世界で初めての動力飛行に成功
 :
 :
この記事の続きは[livedoor キャリア]で


■関連リンク
livedoor キャリア
もしも発明王エジソンが転職するとしたら・・
もしも天才科学者アインシュタインが転職するとしたら・・・
【女の転職】未経験転職のスゴ腕アピール術
思い立ったら1ヶ月以内に行動、3ヶ月以内に転職[20代の転職観]
【面接必勝法】一見面接に直接関係のない質問の中で論理的な一貫性を試されている