ブロードバンド環境が整い、急速に普及しつつあるオンラインゲーム。ネットに接続してれば、簡単に参加できるのがメリットですが、トラブルに巻き込まれるケースも頻発しています。今回はまだあまり理解されていないオンラインゲームの「はてな?」にお答えます。(その1はこちら

【質問】

海外のオンラインカジノにハマっています。このオンラインカジノは、その国の政府の許可を得ている完全に合法なものです。しかし、以前友人から、「日本では国が運営する公営ギャンブル以外の賭博を一切禁じていて、日本人がオンラインカジノに参加してプレーすることは違法ではないか?」との指摘を受けてしまいました。このままオンラインカジノを続ければ、私はいつか捕まってしまうのでしょうか?

【回答】
「賭博」とは、偶然の事情に関し財物を賭けることをいい、この場合の偶然の事情とは、当事者にとって不確定なことをいい、客観的にはすでに確定していることでもかまわないとされています。日本では刑法185条(単純賭博)および186条(常習賭博および賭博場開張等図利)において、賭博行為が禁止されています。

185条 賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。186条 常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。 2 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。
 このように日本では単に賭ける行為(単純賭博)も禁止されています。それでは、例えば日本人が海外旅行中にラスベガス(アメリカ)やモンテカルロ(モナコ公国)にある公認カジノで、賭博をした場合はどうなるのでしょうか?

 刑法185条及び186条の罪は、日本国内において罪を犯したすべての者に適用されることから(刑法1条1項)、日本人が海外旅行中に公認カジノで手持ちのお金で賭博をする行為については、適用範囲外となり処罰されません。

 では今回の質問のケースのように、日本人が日本国内からインターネットを通じて、海外のオンラインカジノに参加した場合はどうなるのでしょうか?

笹倉興基 [著]

■関連記事

「他のプレイヤーにアイテムを売ってお金をもらったら法律違反ですか?」オンラインゲームの「はてな?」その1[2007年05月07日]

セカンドライフ超え? 群雄割拠する3次元仮想世界[2007年04月27日]

セカンドライフ潜入ルポ(1) ブックオフの迷路でひらめいた「Second Life」の可能性[2007年04月05日]

「勝手に使用された写真を閲覧禁止にしたいのですが…」ネットのいやがらせ、セキュリティの「はてな?」その2[2007年03月09日]



■記事全文へ