まるでスパイダーマンのように、手からワイヤーを伸ばしてフィールドに張り付き、先へ先へと進んでいくゲームです。どう操作すればいいかはすぐにわかるのですが、わかっていてもうまく先に進めないもどかしさがあります。ついつい先を目指して何度もプレイしてしまう。

また、子供を海に落とさないようにパーツを取り除いていくゲームと同じようですが、難易度の高いゲームもあります。

アクセスは以下から。
DOFI-BLOG どふぃぶろぐ Double Wires公開!

「u」の上あたりでのたくっているのが主人公。


マウスをクリックした位置にワイヤーを伸ばすので、それをうまく使って進んでいきます。


レベルが上がるとフィールドの色が変わる。


このへんは足場があるのでかなり楽。


下を通るしかない。


進行速度に応じた強制横スクロールのようで、飲み込まれてしまった。


なんとか上に脱出。


一度、右の空間にはまりました。


クリックミスは命取り。


なんとか100ヤードに到達したところで壁に阻まれて落下。


108.74ydでした。もう少し先に進みたい…。


もう一つのゲームはタレコミがあったゲーム。子供を海に落とさないようにパーツを取り除いていくゲームと似ていますが、難易度ははるかに高い。

DOFI-BLOG どふぃぶろぐ Stick Remover 棒山くずし Release!

棒山くずし。なつかしい響き。


ルールは星をLimit Lineより下に落とさないように棒を取るだけ。


何もしなくても揺れているぐらいに不安定で、いったいどれを抜いても大丈夫なのかがわかりません。


5回まで失敗しても大丈夫のようですが、スコアを伸ばそうと頑張って失敗することが多い。


スコアは50。


・関連記事
BGMがどこか懐かしいレトロ風アクション「Dot Action 2」 - GIGAZINE

白い鐘を踏み台にウサギを天高くジャンプさせる「Winterbell」 - GIGAZINE

ハムスターを主人公にしてアクションゲームを再現するムービー - GIGAZINE

物を体から離さないようにするジャグリング「コンタクトジャグリング」 - GIGAZINE


記事全文へ