SteelSeriesシリーズがついに日本正規販売をスタートだ
 デンマークのゲーマー向けPC周辺機器やサプライの製造を行なうメーカーSteelSeriesは27日、同社の製品を日本総代理店であるマスタードシードから発売することを発表した。今回取り扱う製品は、「SteelPad Qck mini」、「SteelPad Qck mass」、「SteelPad S&S solo」のマウスパッド3種類と、キーボード「SteelKeys 6G」となっている。なお、価格は未定。

 「SteelPad Qck mini」は、滑らかかつ耐久性の高い上質の布地を表面素材として採用した一品。底面にはマウス操作時に、どんな環境においてもマウスパッドがずれてしまわぬよう、特別に設計されたゴムを採用されている点も特徴。サイズは250mm×210mmとコンパクトなので、ゲーム以外にもオフィスなどでも重宝されるはずだ。

 「SteelPad Qck mass」は、「SteelPad Qck mini」よりも厚い6mmにして手首への負荷をさらに軽減させ、サイズは320mm×285mmと大きくしたのが特徴。

 「SteelPad S&S solo」は、ゲーマーのためにゲーマーが開発したマウスパッド。「CounterStrike」で輝かしい功績を残したSK-gamingの開発協力により完成された最高のプラスチック製ゲーミングマウスパッドとなっている。サイズは320mm×270mmと大きめとなっている。

 そして「SteelKeys 6G」は、6千万回以上のストロークに耐えられるように設計されていたり、すべてのキーのコネクター部分に18金を使用して反応速度をアップさせていたりするのが特徴のキーボード。持ち運びやすさ、耐衝撃性、安定感など、どれをとっても優れており、まさにゲーマー御用達の製品となっている。また、PS2環境で8キーまでの同時押しをサポートしているのもポイントだ。

■関連ニュース
GWはビデオカードを載せ替えよう! GeForce8600GTS/8500GTレビュー
マイクロソフト、「Games for Windows - LIVE」対応ゲームを2本発表
マイクロソフト、「Games for Windows - LIVE」の国内サービスを5月25日からスタート
モンスターハンター フロンティア オンラインにCBファイナルの参加券付き推奨PCが登場!
Shoot it! - #027 ゲーマー視点で見た最新フラットディスプレイ事情