(c)2005-2006 YNKGAMES Co., Ltd. (c)2006 YNKJAPAN Inc.
 YNK JAPANは25日、同社が運営するファンタジーMMORPG「R.O.H.A.N」を、26日から「R.O.H.A.N ジャパンエディション」として大きく新生。その10項目に及ぶゲームの核心部分の内容を公開した。

 ひとつは、PKペナルティーの変更。プレーヤーがPVPをする際、ほかのプレーヤー(「暗殺者モードのダン」を含む)からの攻撃により死亡した場合、経験値の低下およびアイテムのドロップは行われなくなる。ただし、暗殺者モードのダンおよび、PK可能人数が0の状態を超えてPKを行った場合の「赤ネーム」は、PVPによる死亡時、経験値およびアイテムドロップのルールは旧「R.O.H.A.N」のルールのまま。また、モンスターによる死亡時は変更なし。

 ふたつ目は、モンスタードロップアイテムの変更。各種族村の周辺マップに存在するモンスター(レベル1〜レベル30)のドロップアイテムを、フィールドやレベルごとに再調節するとのこと。

 3つ目は、全プレーヤーキャラクターのレベルを、現在のレベルより+1行ない、経験値は一律0パーセントよりスタートとなる。

 4つ目は暗殺モードのダンについて。ダンがほかのプレーヤーを倒した場合でも、これまでは経験値を獲得できたが、今後はそれがなくなる。ほかのプレーヤーを倒しても経験値を得られなくなる方式に改められた。

 5つ目は、ハイドスキルについて。同スキルの持続MPが0となり、MPの消費はなくなる。

 6つ目は、スキル強化ストーンおよび各種オプションストーンについて。使用レベルが設けられ、レベル20以上になって初めて利用できるようになった。

 7つ目は、PKカウンターの回復時間について。これまでは3時間に1だったが、1時間に1に変更となる。

 8つ目は、カードゲーム「プリンス&ビショップ」について。「プリンス&ビショップ」と関連アイコンは削除となり、同ゲームのゲームマネーは、各キャラクターのインベントリーにクロンへ転換して配布となる。

 9つ目は、各キャラクターが持っているクロンについて。クロンを10分の1に変更すると同時に、アイテムの時価ならびにゲーム内の各種システムの利用料も10分の1に変更となる。

 そして最後が、武器について。武器のランクが削除となる。

 なお、これらは第1弾なので、今後もさらなる変更・強化が予定されている模様。「R.O.H.A.N ジャパンエディション」のクライアントは本日10時から開始となり、ゲーム自体は26日17時よりスタート。新生「R.O.H.A.N 」を楽しもう。

■関連ニュース
トキメキファンタジー ラテール、正式サービスは4月26日18時から!
スカッとゴルフ パンヤ、「パンヤジャパンカップ2007」の決勝進出者が決定、予想イベントもスタート!
ナイトオンライン、5月9日まで次期アップデートの公開テストを実施
マイクロソフト、「Games for Windows - LIVE」の国内サービスを5月25日からスタート
モンスターハンター フロンティア オンライン オリジナルデザインのUSBゲームパッド「JC-UM12BR」