NTTドコモ発表会
 23日、904iシリーズを発表したNTTドコモの発表会の詳細をお伝えする。

 まず、904iシリーズの発表会にはNTTドコモ執行役員 プロダクト&サービス本部マルチメディアサービス部長の夏野剛氏が登壇。「904iを皮切りにドコモは反撃をさせていただきます、これからドコモが変わります。つまり携帯電話が変わる」と語った。

 さらに「これまで携帯電話でできなかった機能、皆がハマってしまうような新感覚のゲーム、音楽をもっと自由にする新しい音楽スタイルといった、他のキャリアがなかなか真似のできない新しい波を今年から起こしていきます」と言葉を続けた。

 904iシリーズの目玉として紹介されたのが、「2in1」「直感ゲーム」「うた・ホーダイ」だ。2in1は、1台の携帯電話で2台分の電話とメールアドレスを利用できるサービスで、専用の料金プラン「タイプ2in1(月額945円)」に加入することで利用可能となる。会社勤めの人で、ビジネス用とプライベート用で2台の携帯電話を契約して使い分けている方も多いことと思われるが、2in1サービスを利用すれば2台分の携帯電話を持ち歩く手間を省けるだけでなく、月々の契約料も安く抑えることができるという。

 2in1では電話番号とメールアドレスがAモード、Bモードとして管理されており、モード間の切り替えは暗証番号を入力して切り替えるようになっている。そして、Aモードで入力された電話帳、発着信履歴、送受信メールなどは、Bモードに切り替えると参照することはできない(逆も同様)。夏野氏の説明では、2in1の契約は同一名義者のみとなるが、将来的には一方の番号を法人契約できるようにしたいと抱負を語った。

 直感ゲームの説明では、カナダのGestutureTek社が開発した「GestureTek Mobile」という技術をパナソニックモバイルコミュニケーションズ製のP904iとシャープ製のSH904iに採用し、三菱電機のD904iに傾きを検知するセンサーを内蔵していることが紹介された。GestureTek Mobileは携帯電話のカメラ機能をセンサーとして利用する技術で、携帯電話を傾けたり、カメラの前で手を振る動作を行うと、その動きがゲーム操作に反映されるというものだ。上記3機種には直感ゲームをすぐに体感できるように、P904iには「塊魂モバイル」、SH904iには「直感!クラッシュバンディクー」、D904iには「タマラン」といったゲームがプレインストールされる。

 新しい音楽スタイルの提案として紹介されたのが「うた・ホーダイ」サービスで、毎月定額の料金を支払うことで、曲数無制限で音楽を楽しむことができるというサービスだ。定額の音楽サービスでは、既に「Napster To Go」がサービスを開始しているが、Napster To Goは楽曲をPCでダウンロードし携帯電話へ転送するのに対し、うた・ホーダイは携帯電話で直接楽曲をダウンロードするという違いがある。

 うた・ホーダイを利用する場合、ユーザーは対応サイトと契約が必要となりNapsterの場合、毎月1,980円払うことでPCでも携帯電話でも音楽を楽しむ事ができる。なお、うた・ホーダイ対応サイトはNapsterのほか「うたUSENフル」「DJ直クラブ★ダンス取放」など、複数のサイトの登場が予定(開始時期未定)されているが、月額料金はサイトごとに異なるようだ。

 また、夏野氏からはビデオクリップ再生機能についての紹介も行なわれた。904iシリーズでは最大10MB(再生時間は5分まで)、H.264形式の動画ファイルの再生が可能で、富士通のF904iを除くすべての端末には6月23日に公開が予定されている大林宣彦監督の「転校生」の限定ムービー(作品時間5分)がプリインストールされる。なお、ビデオクリップはオンラインショッピングサイトと連動しており、ビデオクリップを視聴して気に入った場合、DVDタイトルの購入を携帯電話から行うことが可能となっている。