セブン−イレブンから新発売の抹茶の洋菓子一例

写真拡大

セブン−イレブンは2007年4月24日から、創業300年の老舗茶園、京都の丸久小山園の抹茶を使った洋菓子6種類を発売する。北海道産の小豆を使用した粒餡や、良質なホイップクリームやミルクなどの乳製品と抹茶を組み合わせ、苦味と甘さのバランスが絶妙に仕上がっているという。同社は新茶のおいしいこれからの季節、お茶うけにぴったりな一品だとしている。新発売となるのは、抹茶のシュークリーム126円、抹茶のロールケーキ200円など洋生菓子3アイテムと、抹茶つぶあんモナカ189円などアイスクリーム3アイテム。いずれも税込み価格。