docomo 2.0 異例のタイミングで904シリーズをリリース
 NTTドコモは23日都内ホテルにおいて、1台の端末で2つの電話番号とメールアドレスを利用できる新サービス「2in1」、毎月定額の料金を支払うことで、音楽の曲数を無制限にダウンロードして楽しむことのできる「うた・ホーダイ」、携帯電話に内蔵されているカメラ機能を利用し、携帯電話を傾けたり振るといった動作に連動してゲームを操作することができる「直感ゲーム」に対応する、904iシリーズを発表した。

 904iシリーズには、NEC製の「N904i」、シャープ製の「SH904i」、富士通製の「F904i」、三菱電機製の「D904i」、パナソニックモバイルコミュニケーションズ製の「P904i」の5機種が用意さる。5機種の中で、SH904iはワンセグ機能搭載端末で、N904iは高速パケット通信規格「HSDPA(High Speed Downlink Packet Access)」対応端末となる。なお、904iシリーズの端末は、5月より順次販売が開始される。

詳細は追ってお伝えする。

■関連ニュース
女性にもおすすめのスマートフォン――HTCモバイルインターネットCafeを見た
ドコモ、モバイルバンキングが簡単に利用できる「iアプリバンキング」
これが「N904i」だ! ミラノで開催されるミラノサローネで先行展示
「FOMA らくらくホンIII」に新色「レッド」
三菱地所、丸の内の4つのビルに無線LAN FOMAによる内線電話システムを構築