(c)1999-2007 CCR Inc. All Rights Reserved. (c)2007 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
 ゲームオンは、MMORPG 「RF online Z」において、2007年4月20日(金)よりオープンサービスを開始すると発表した。

 これまでセガに運営されていた「RF online」が、移管に伴い改題されたのが「RF online Z」。

 サービス形態は基本無料+アイテム課金の形式。有料アイテムの販売は後日改めてのスタートとなる予定。サーバーは2つで、セガ時代のデータを統合した「TAURUS(タウロス)」と、新規スタートの「GEMINI(ジェミニ)」となる。セガ時代にプレイしていた人は「TAURUS」へ、そうでない人は「GEMINI」に行くといいだろう。

 オープンサービスと同時にアップデートが実装され、強力な「封じられた武器」、「武器の設計図」と「武器の破片」を組み合わせて入手できる「破片武器」、レベル40以降で装備できる「マント」など、高レベルプレイヤー向けのコンテンツが追加される。また、モンスターがスキルを使うなど賢くなるのに加え、プレイヤー同士が戦う「聖戦」では敵の体との衝突判定を追加。体を張って敵の行く手を阻むなどの新たな戦術が使用可能となる。

 プレイヤー同士が戦う、種族間抗争をメインに据えた「RF online Z」、運営が変わったことで復活はなるのか。今後の動静、特に有料アイテムのバランスが注目されるところだ。

■関連ニュース
ホーリービースト、4〜6月のアップデート情報を公開! 待望のペットシステムが実装に
ファミスタオンライン、選手を必ず獲得できる!「チケットルーレット」サービスがスタート
オンライン戦闘ゲーム「バズフェローズ」のオープンベータテストを開始
クールにバスケ FREESTYLE、プロバスケ「bjリーグ」の公認ゲームに!
アドバゲーミング、Second Life内で日本人専用コミュニティの企業プロモーション用地販売権を取得