現地時間4月21日(土)、イギリスのマンチェスター・イブニングニュースアリーナで開催された『UFC70 NATIONS COLLIDE』。

注目のミルコ・クロコップUFC第2戦に加え、“寝技王”にしてチーム・クロコップのヴェウドゥムが元UFC王者・アルロフスキーと激突した。

メインイベントで行われた、ミルコ・クロコップ vs ガブリエル・ゴンザガの一戦は、開始からゴンザガが攻勢。左右のパンチでプレッシャーを掛けると、ミルコの蹴り足をキャッチしてグラウンドへ。パウンド、肘打ちを叩き込み、最後はスタンドで強烈な右ハイキック。ミルコの顔面を綺麗に打ちぬき、勝負をつけた。

強豪とはいえ、“咬ませ犬”と見られていたゴンザガに完敗を喫したミルコの去就に注目が集まりそうだ。また、同じく、チーム・クロコップのヴェウドゥムもアルロフスキーに敗戦。序盤こそ、スタンドでのパンチ、肘打ちで優勢に試合を進めるも、打撃の的確さで上をいくアルロフスキーは1R後半からばん回に成功。最後は判定での勝利となった。
ヘビー級/5分3R
×ミルコ・クロコップ
(クロアチア)
1R4分51秒
KO
※右ハイキック
ガブリエル・ナパオン・ゴンザーガ○
(ブラジル)
ヘビー級/5分3R
○アンドレイ・アルロフスキー
(ベラルーシ)
3R終了
判定
ファブリシオ・ヴェウドゥム×
(ブラジル)
ライトヘビー級/5分3R
○リョート・マチダ
(ブラジル)
3R終了
判定
デイヴィッド・ヒース×
(アメリカ)