日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)は、4月20日に東京大学で月例研究会を開催する。今回のテーマは「セカンドライフとは 〜その可能性と問題点〜」で、講師はデジタルハリウッド大学大学院の三淵啓自教授。

 講演では、セカンドライフの魅力や問題点を紹介するとともに、セカンドライフとセマンティックウェブの比較、コミュニケーションインフラとしての可能性などが語られるとのことだ。

 開催概要は以下のとおり。参加にあたってはDiGRA JAPAN公式サイトより申し込みが必要。

日時:2007年4月20日(金) 18:00〜20:00
場所:東京大学本郷キャンパス 工学部新2号館9階 92B教室
定員:120名
講演者:三淵啓自氏(デジタルハリウッド大学大学院 教授)

■関連ニュース
Second Life、カジノ宣伝活動を完全禁止に
デジタルハリウッド大学大学院、セカンドライフで「MEGプロジェクト」を開始
米企業で進むSecond Lifeのプロモ活用、北米日産は「クルマの自販機」が話題に
So-net SNS、Second Lifeの地図が設置可能な「SLurl小窓」スタート
【GDC07】MMOの未来はRMTにある!?

■関連リンク