Copyright GALA Inc. All rights reserved
 ガーラはMMORPG「RAPPELZ」において、2007年4月17日(火)にアップデートを実装すると発表した。

 「EPIC 4 REVOLUTION」の第一弾となる今回は、PvP(プレイヤー同士の戦い)と「ギルド連合システム」が実装される。

 PvPはPK(プレイヤーが他のプレイヤーに襲いかかる)ではなく、両者合意のもとでのみ成立。「闘技場」と呼ばれる場所で誰にも邪魔されることなく戦うことができる。戦いに負けてもペナルティはないので、気軽に強さを試すといいだろう。今後はパーティ同士の戦いも実装されるとのことだ。

 「ギルド連合システム」は、プレイヤー同士の集まりであるギルドが互いに連合するシステム。ギルド間の戦争システムも追加される予定とのことで、こちらも期待が高まるところだろう。

 PvPと連合合従は近年のMMORPGで人気のコンテンツだけに、日本での反響が期待される。

■関連ニュース
ファンタジーアース ゼロ、Windows Vistaに正式対応
新釣りゲーム「釣りパラダイス!」、クローズドベータテスターを募集開始
TANTRA、大規模アップデートを4月18日に実装
日本ゲーム大賞2007、一般投票の受付がスタート
オンデマンドゲームシステム「Gクラスタ」、ネットカフェでの提供を開始