キムタクをめぐる報道に、異変が起こりつつある。本誌でも再三指摘したように、ジャニーズはメディアに対して過剰な報道規制を敷いているが、人気に陰りが見え始めた今、徐々に歩み寄りを見せているという。中でも顕著だったのが、2月に各マスコミで一斉に報じられたドラマ『華麗なる一族』(TBS系)の打ち上げ風景である。
「一次会が行われた赤坂プリンスホテルにキムタクが来場した際、わざわざ立ち止まってマスコミの位置を確認するようにグルリと一瞥したり、三次会が行われた『カラオケ館』に出入りしたときも、カメラマンを意識してあえて顔が映るポジションに立って共演者の山本耕史と談笑したりしていました。彼の行動を見る限り、事務所サイドからマスコミが来ていることを伝えられていたのでしょう」(週刊誌記者)
 これまでのジャニーズであれば、この手のオフショットは完全にタブー。だが、今回は懇意にしている週刊誌などに?木村拓哉の写真を中心に据えて、大きく扱うなら掲載してもOK?という異例の通達を出しという。
「かつて、こういった場面でのキムタクは、目ざとく見つけたカメラマンに罵声を浴びせるなど、態度の悪さは有名でしたから、今回はいつになく平穏でしたね」(同)
 とはいえ、ジャニーズ側もほかの事務所に所属するタレントがいる手前、
表立って撮影させるワケにはいかない。
「写真週刊誌Fの取材チームが二次会会場のレストラン入り口に車を横付けしたんですが、さすがにそれは厳重注意されていました。なので、他誌の記者たちは向かいにあるファミレスの窓側の席に陣取り、一斉にカメラを向けていましたね。どこから見ても会場を狙っているのはバレバレでしたが、盗み撮りがあからさまじゃなければいいということだったのでしょう」(同)
 記者の間では、?キムタクもここまで墜ちたか?と嘲笑の対象になっていたという今回の打ち上げ報道。まあ、人気回復を狙うならこれくらいのサービスは当然か。