NotePal Sをチェックするみおみお
突然ですが
『ゲームの発売日当日に、開店前からお店前に陣取る成人越えの人たち』
ってどう思われますか?

しかも、郊外型大型店に行くために、朝からたくさんの徒歩を顧みない男前や、買ったその足で出社→開封したくて仕事中うずうずしたり、開封のまま持ってきて、ほかの編集者もあつまって、ワラワラとかしちゃったり。

そんな、小さい頃のときめきを忘れないままの大人たちの集まり、
RBB TODAY編集部本部よりお届けしています。
(勝手に編集部に“本部”をつけるとカッコイイ。来週は“編集局”と言ってみよう)
みおみおです、こんにちわ。
実は今、買ってきたゲームソフトの限定版の箱を開封したくてうずうずしてます。

先日のクーラーマスターさん本社への訪問を受けてか、
クーラーマスターさんから編集長宛てに荷物が届いたようです。
伝票には
『PCパーツ サンプル貸出品』
と書いてあります。
両手で抱え込めるくらいの大きさのダンボール箱。
お届けものってやけに気になるのは古今東西の常識ですよね。
さらに言えば、一度社長に会っちゃったクーラーマスターからの荷物ってことは、つまりは私宛ってことになります。

べりべりと、ダンボールの中身見えるような乱暴な破り方をしちゃうのもそんな気持ちがなせる業。
中から出てきたのは、また、箱。紙の素材はダンボールから厚紙に変わったものの、箱から箱が出てきた事実は変わらず。
もしかしてこれは、箱の中に箱…そしてまた箱、永遠に続くかと思われたその先に待っているのは『あんた相当の暇人ですね』とか、書かれた紙切れが一枚、とか、そういう古典的なアレなのかッ!

はっ!(何かが思い出された音)

前回、忙しい中時間割いてやったのに、あんなふざけた記事書きやがって!こうなったら、こんな手の込んだもん、手作りして送りつけてやるぜ!お前のためになぁっ!と立腹した社長の浅原さんの仕業……(汗)。(編集部注:社長はそんなに暇ではありません)

中には、平らなアルミ板に、水切りのみたいな溝を平行に何本も並べ、仕上げに緩やかオシャレなS字ウェーブをかけた、最新型ホットプレートのようなものが一個。大事そうに発泡スチロールにくるまれておわします。

身包み剥いで、取り出してみる。よいではないか、よいではないか。
はいでみたら、ホットプレートの裏には立て掛け用の足が付いてます。
くぼみ6個。どうやら足の高さ調節用らしく。
名前は「NotePal S」というそうです。
えーと、箱によるとサイズは320mm×300mm。12インチから16インチのノートPCをサポート。日本語ではないので、2割くらい憶測交じりですがよろしいでしょうか。

「なんですかね?」
出張サービス(私の隣の机に移動して作業をしている)で、隣に座っていた編集長に聞いてみると「ノートって書いてある時点でわかれよ……。ノートPCの台座だよ」と、作業の片手間に教えてくれました。
あ。なるほど。
ノートPC用のクーラーにも力入れてるって言ってたもんな。
でもファンついてないからクーラーとは呼べないんかな。
放熱する冷却台とでもいっておくか?あれ、アルミって吸熱?
クーラーマスターなのに、エレクトロニックでメカニカルじゃなくて、逆にびっくり。
原始的?eco?日本職人さんの知恵?

まずは試してみたいけど、あいにくここは編集部。
編集部で使うのはそりゃ大抵デスクトップですよね。
まさかデスクトップをここに立て掛けて使い心地見たって仕方がないわけで。

ふと隣に目をやると、出張サービス中の編集長が自前のVAIOを広げています。
神の恵みのごたる!ちょうどいいので、そのノートPC貸してください!

「使ってるっつの」

黙々と作業に戻る編集長。