「スタートでちょっとしたミスを犯してしまった。ただ、このペースで問題はないが。今日はピットストップの時にしか相手を抜き去ることが出来なかった。まだまだ改善の余地があることは明白だ。バルセロナGPに向けて、今後も試行錯誤の日々を過ごすことになるだろう」。15日、F1バーレーンGP決勝で3位入賞を果たしたフェラーリのドライバー、キミ・ライコネンがレース後、反省のコメントを口にしている。