フェラーリのブラジル人ドライバー、フェリペ・マッサがバーレーンGP決勝を前に充実感をあらわにした。本番に向けたフリー走行第1回目で2位、第2回目で4位と好スタートを切ったマッサは「とにかく、長距離走行でも一定の能力を発揮し続けるマシン状態には満足している。我々フェラーリにはしっかりとした土台があり、週末に向けて最終調整を行う。特に一周目に備えて、新タイヤの空気圧改善に力を入れる。予選、決勝とも最善を尽くす策は既にある」とコメント。バーレーンGP制覇に自信を覗かせている。