バーレーンGP決勝を控え、第2回目のフリー走行が行われたが、第1回目同様にキミ・ライコネンが首位の座を掴んでいる。フェラーリのフィンランド人ドライバーは第2回目フリー走行で1分33秒527をマークして首位の座に、マクラーレンのルイス・ハミルトン、BMWのロベルト・クビサが続いている。