問題のサイトには、「映像送信型性風俗特殊営業として届出済み」の記載がある

写真拡大

   アダルトサイトを運営していた夫婦が、わいせつ図画公然陳列容疑で逮捕された。こきちんと業者として営業の届出を出していたのだが、この容疑で逮捕される全国初の業者となってしまった。他にもたくさん同様なサイトがあるのに、どうして目をつけられたのか。

公安委員会への届出済みのサイト

   福井県警は2007年4月12日、ウェブサイトで違法なわいせつ画像を閲覧させていたとして、同県坂井市の映像送信型性風俗特殊営業(アダルトサイト経営)の久野文雄容疑者(38)と妻の玲子容疑者(32)をわいせつ図画公然陳列容疑で逮捕した。夫婦で運営していたサイト「AYA’s Room」で、06年11月から07年1月にかけて違法なわいせつ画像を閲覧させていた疑いだ。同容疑でアダルトサイト業者が摘発されるのは全国初。

   このサイトは、00年7月ごろに開設されたとされ、これまでに全国約2,000人から約2億円を売り上げていたという。一体このサイト、どんなものだったのか。J-CASTニュースでは、現在は閉鎖されているサイトのキャッシュにアクセス、どんなサイトか見てみた。

   トップページには「屋外露出」「since 2001.05.27」といった記載が確認でき、屋外で撮影したものが多く、(報道の『00年7月ごろから』とは食い違いがあるものの)かなり長期間にわたって運営されてきたことがうかがえる。
   さらに、わざわざ「映像送信型性風俗特殊営業として届出済み」とも書いてある。これは1999年の風営法改正で新たに定められたもので、インターネットなどを通じてアダルト映像などを提供する業者は、都道府県の公安委員会への届出が必要となっているのだ。届出をしているということは、いわば「モグリではない」ということだ。

   さらに「メンバー申し込み」のページに進むと、利用料金の案内が書いてあり、クレジットカード払いだと月額35米ドルで、銀行振り込みだと2ヶ月9,000円なのだそうだ。ただし、クレジットカードについては「退会しない限り、毎月継続して決済されます」との注意書きもあり、カードを登録すると、毎月会費を引き落とされ続ける仕組みだったようだ。03年時点の記述では、5,000本の画像と39本の動画を収録している、としていた。

過激な内容が「一線を越えた」との判断?

   これ以上の内容は、ログインしてみないとわからず、確かめるすべもないが、県警が「届出済み」のサイトを全国初の摘発に踏み切った理由は何なのだろうか。

   夕刊紙などの報道を総合すると、会員サイトには、逮捕された妻をモデルとして撮影したいわゆる「無修正画像・動画」が掲載され、06年10月に、会員から「撮影場所が越前海岸なのではないか」という声が寄せられ、県警が捜査していたのだという。夕刊フジには「顔出し、モザイクなし」という見出しが付いているほか、日刊ゲンダイには「妻がモデルになって海辺やショッピングセンター、ラブホテルなどで野外露出したり夫婦で『ハメ撮り』した画像を公開していた」と紹介されている。

    さらに、サイトには、モデルの局部の剃毛をアピールしている記述もみられる。このサイトは「一線を越えた」との判断があったようにも見える。ただ、それにしてもこうしたサイトはほかにもたくさん存在している。ここより過激な内容を売り物にしている業者もあるのも間違いない。
   捜査を担当した 県警丹生警察署に聞いてみた。

「報道協定(記者クラブ加入の意味?)がないところには一切お答えしていません」