オーストラリアGPに続きマレーシアGPでも期待を下回る結果に終わったルノーだが、チーム内の雰囲気はそれ程悪くなく、むしろ楽観的なムードも漂っている。ドライバーのジャンカルロ・フィジケラによると「マレーシアでは勇猛果敢に挑むことが出来た。スタートにも満足しているし、積極に上位進出を狙いポイント獲得に成功した。我々がリーダーに復活する為には、今後もよりハードに取り組まなければならないことも充分に理解しているし、チーム内には高いモチベーションが溢れている」と前向きに語っている。フィジケラは続けて「バーレーンGPのサーキットは砂の影響で滑りやすい。特に風が強いときなどはなおさらだ」とコメントしている。