ナショナル ジオグラフィックが今年の2月に作成したマップで、これはアメリカの場合なのですが、大体こんな感じになります。オレンジ色が女性、青色が男性。どうやら東海岸に女性が多いようです。

この地図では年齢まではよくわからないのですが、livedoorニュースの「独女通信」で過去に行われた「外国人男性座談会 日本人女性のここが好き、ここがイヤ(前編)」によると、「アメリカ人が海外に関心を持っていないことはよく知られているけど、例えば20代前半の女性で1年間海外で生活してみたいと思っているような女性はほとんどいない。東海岸から西海岸へ、とかはよくあるけどね」ということで、それなりに移動というのはあるようです。

というわけで、日本の場合はどうなのか、参考になりそうな地図を探してみました。
日本地図を男女比で塗りわけ


もう火を見るよりも明らかですが、首都圏に男性が集中しています。独身かどうかはわからないのですが、これだけ集中していれば必然的に独身率も高いのではないかと。

なお、海外の場合はこういう地理的偏りを考慮し、ネット上で出会うことができる妙なサービスがいろいろあります。例えばこんな感じ。

Dates Nearby
http://www.datesnearby.net/


いろいろな各種出会い系プロフィールサービスの情報を取得し、それを地図上にマッピングすることで自分の近所にいる誰かさんとデートしようというサービスです。また、さらに用途を絞り込んだこんなものもあります。

Geek 2 Geek - The best place on the net to meet geeks
http://www.gk2gk.com/


Geek(ギーク)とは何かというと……いわゆるオタク。

geekとは - はてなダイアリー
英語で変人を意味し、転じてオタクを意味するようになった語。とくにコンピュータオタクを指すことが多い。

つまり、パソコンオタクの男女の出会いを演出しようというサービス。一体どれだけの成果を上げているのかは不明ですが……。

・関連記事
Googleが出会い系サービス「Google Romance」開始 - GIGAZINE

SNSの現実版「ソーシャルアパートメント」に泊まってみました - GIGAZINE

社会人の9割は結婚願望があるが、付き合っている異性がいるのは4割 - GIGAZINE

女性が結婚相手に求める条件は、もはや「経済力」だけではない - GIGAZINE

結婚を意識し始めるのは「1年以上お付き合いしてから」が1位で43% - GIGAZINE

SNSにハマる理由は再会と恋 - GIGAZINE


記事全文へ