RF online Z
 ゲームオンは、MMORPG「RF online」を「RF online Z」に改称、公開テストを開始すると発表した。韓国CCR社のMMORPG「RF online」は、日本では当初セガによって運営されてきたが、運営移管に伴い、名称が「RF online Z」に変更されることとなった。

 2007年2月28日(水)までにプレイしていた既存プレイヤーは、4月13日(金)〜4月18日(水)に開催される公開テストに参加可能となる。このテストでは、新生「RF online Z」のアップデートも適用された状態となるため、文字通り一足早くゲームを楽しめるというわけだ。なお、1サーバへの統合にあたって、キャラクタデータも旧セガ体制における複数のサーバのものが統合され、名前が重複する場合は後からログインした側が変更する必要がある。公開テストの内容は、今後のオープンサービスには反映されないが、名前変更のルールは今回と同様なので、予め慣れておくのも一つの手ではないだろうか。時間は各日22時〜10時となっている。

 また、4月10日(火)からはID移行の手続きもスタート。4月20日(金)からは正式サービスが開始される予定となっている。新体制となった「RF online Z」、ファンには再出発の春となりそうだ。