先月末に120GBのHDDやHDMI端子を搭載した「Xbox 360 ELITE」が正式に発表されたマイクロソフトの次世代ゲーム機「Xbox360」ですが、Xbox360向けのオンラインサービス「Xbox Live」が、5月7日にバージョンアップされる予定だそうです。そしてその際、チャット機能が増強されることから、コントローラーに接続可能なQWERTY配列フルキーボードタイプのアタッチメントが今夏登場するかもしれないとのこと。

キーボードをコントローラーとは別に接続した場合、文字を打つ度にコントローラーから手を放して打たないといけないことから、その手間を考えると良いかもしれません。

詳細は以下の通り。
Xbox 360 Spring Update revealed - News at GameSpot

この記事によると、今回予定されている「Xbox Live」サービスの重大なアップデートの一つとして、Windows Live Messenger機能の搭載が予定されているそうです。これによりゲーム中に、ほかのXbox360ユーザーや、パソコンでWindows Live Messengerを利用しているユーザーとの会話が可能になるとのこと。

どうやらWindows Live Messengerを導入するにあたって、画面上で操作するソフトウェアキーボードでは入力の効率が悪いことから、このアタッチメントが製品化される模様。

別の角度から見たところ。


やはり両手の親指で打つのでしょうか。

・関連記事
Xbox360、PS3、Wiiの消費電力を詳細に比較してみる - GIGAZINE

PS3とXbox360、製造コストの削減が勝敗の鍵に - GIGAZINE

Wii、PS3、Xboxなどの全世界売上グラフを見ることができる「Videogame Charts」 - GIGAZINE

Xbox 360用ワイヤレスコントローラーを片手用に改造する - GIGAZINE


記事全文へ