失望感が漂うっているが、それでもフェラーリのGMステファノ・ドメニカーリは楽観主義を貫いた。マクラーレンのフェルナンド・アロンソの優勝で幕を閉じたマレーシアGP、フェラーリ勢ではキミ・ライコネンが3位、フェリペ・マッサが5位に入るに留まった。優勝候補と目されていたフェラーリだったがドメニカーリGMは「スタート直後から難しい展開だった。今日の内容を見て貰えれば分かるように、今季は厳しいシーズンとなるだろう。強力なライバルが揃っている。今日は上手く行かなかったが、次の日曜日(15日、バーレーンGP)には復活し、リベンジを果たす」とコメント。名門チームの復活を誓っている。