強すぎたケニー・フロリアンは、三島の心をも折ってしまった・・・。

写真拡大

現地時間4月5日(木)アメリカ・ネバダ州ラスベガスのパームスカジノリゾートで開催された『UFC Fight Night 9』。第7試合では、テレビ放送枠として三島☆ド根性ノ助がケニー・フロリアンと対戦した。

フロリアンは、『UFC64』でライト級王座に絡んだ逸材。三島にとっては避けては通れない格好の相手といえた。しかし、三島はフロリアンに成す術なく、現実にはUFCファイターの層の厚さを見せ付けられた。

試合は序盤からフロリアンがグラウンド&スタンドで圧倒。三島はフロリアンの右フックをかいくぐってタックルを決めるも、テイクダウンには至らず、上になったフロリアンは巧みなバランスでスイープを許さず、パウンドを落とした。

スタンドに戻ると、三島はバックブローやフロリアンのハイキックをかわして再びタックルを仕掛けるも、戦局は変わらず。

2R、フロリアンのローキックとパンチを明らかに嫌がる三島は、リングを周回。追い討ちを掛けるように強烈なローを3発放つ。

3R、遂にフロリアンは三島からマウントを奪取。上からパンチを落としていく。ここで三島は起死回生の膝十字。フロリアンをギブアップ寸前まで追い込み、この試合最大の勝機を見出す。しかし、フロリアンは窮地を凌ぐと、パウンドからバックに回り、スリーパーで一気に勝負を決めた。

4.5『UFC Fight Night 9』試合結果へ