中村の健闘が光った一戦は、本大会のベストバウトに!

写真拡大

現地時間4月5日(木)アメリカ・ネバダ州ラスベガスのパームスカジノリゾートで開催された『UFC Fight Night 9』。第5試合では、UFC2度目の出場となる中村K太郎がドリュー・フィケットと対戦した。

試合は序盤からフィケットは細かい膝蹴りを連発。離れ際には右の肘打ちで中村の顔面を打ちぬく強烈な一撃を放ち、この攻撃で中村はダウン。しかし、中村はフィケットに決定打を許さず、驚異的な粘りで1Rを闘い抜く。

2R、息を吹き返した中村は、伸びのあるワンツーを武器に形勢逆転。フィケットの顔面にパンチを叩き込み、ダウン寸前まで追い込む。だが、中盤、中村はグラウンドの状態でフィケットの脳天へ垂直に肘を打ちおろす反則。これにより試合は一時中断され、フィケットもダメージを回復する時間が与えられた。これが影響したのか、3R、フィケットはガードポジションから怒涛のエルボー&パウンド。中村も下から三角絞めを狙うが、その動きを捕まえきれず、最後は判定の末に敗れた。

4.5『UFC Fight Night 9』試合結果へ