小谷はいつもの勢い、手数が見られず、悔しい敗戦。UFC再挑戦は実現なるか?

写真拡大

現地時間4月5日(木)アメリカ・ネバダ州ラスベガスのパームスカジノリゾートで開催された『UFC Fight Night 9』。第1試合では、UFC初出場となる小谷直之がチアゴ・タバレスと対戦した。

タバレスのセコンドには、J.Z.カルバンの姿が。試合は、1R、小谷がタバレスに組み付きテイクダウンに成功するも、タバレスはすかさずスイープ。スタンドに戻ると、小谷を金網へと押し込んでいく。しかし、小谷はがぶりながらタバレスの側頭部にエルボーを落とすと、ゴツンゴツンと鈍い音が場内に響いた。これを嫌がったタバレスがバックに回ると、小谷はアームロックの態勢に。そのまま、グラウンドへ持ち込もうとするがタバレスの腕がすっぽ抜けてしまう。

2R、右フック、飛び膝蹴りをみせるタバレスは、続け様にテイクダウンに成功。しかし、今度は小谷が身体をよじってスイープ。場内に拍手が沸き起こる。タバレスはラバーガードを多様し、下になっても小谷と密着。小谷にパウンドを出させない上、下からコツコツをパンチを当てていく。

3R、両者共に手を出さずに距離を計り、お見合い。その後、小谷はワンツーを放ちながら突進。金網際で組み合い反り投げでテイクダウンを奪う。しかし、タバレスは再びラバーガードで小谷を固定し、下からパンチを返す。最後は時間切れとなり、優勢に試合を進めたタバレスが判定勝利をあげた。

4.5『UFC Fight Night 9』試合結果へ