人間の感情を計測する驚異のバイオセンサー
[ITキャリア]厳選☆転職の穴場業界 バイオセンサー

脳波から体温、心拍まで、さまざまな生体情報を取得する技術であるバイオセンサーで今、技術革新ブームが勃発している。車に乗っただけでその日の体調や精神状態がわかったり、果ては脳波の解析で人間の喜怒哀楽まで測れてしまう時代が、もう目前にきているのだ。最新のバイオセンサー事情を徹底検証した。

業界動向:医療から先進自動車安全技術まで、バイオセンサーのニーズが急増。

人間の身体のさまざまな情報を読み取ってデータ化する技術、バイオセンサーへの関心が高まっている。バイオセンサーそのものは既に広く用いられており、心電図や血圧・心拍計は健康診断でおなじみの機器、家庭用体重計に実装されている体脂肪計もその一種だ。
ほかにも、脳波計や筋電位計など病院での専門医療に使われる機器から、尿糖値計や内臓脂肪計といったヘルスケア用品まで、そのバリエーションは多様である。

比較的枯れた技術の多いバイオセンサーが今、あらためて注目されているのは、解析アルゴリズムの進歩によるところが大きい。
今までは取得したデータを医師やユーザーが見て、直観的に身体の様子を判断していた。しかし90年代中盤以降、IT関連技術が長足の進化を遂げ、複雑なデータの短時間での処理が可能となったことで、複数の生体情報を取得し、その相関関係によって身体の異変をより多角的に察知できるようになったのである。
血圧と心拍数、呼吸数、呼吸の深度などを複合的に分析し、ストレス性の疲労の度合いを測定したり、複数の心電図のデータを取って、心臓のどの部位に異常があるかを3Dで検知する技術などがその好例だ。

これら新世代型のバイオセンサーは予防医療、健康管理、メンタルヘルス管理などのヘルスケア、疲労や眠気によるドライバーの集中力欠如対策を行う先進自動車安全技術など、幅広い分野への活用が期待されている。
明確な市場予測などはまだなされていないが、医療機器、自動車、IT関連など多くの分野の企業が開発に乗り出し、新商品も登場している。市場と技術の拡大は、既に水面下で始まっているのだ。


穴場求人:バイオセンサー関連の求人は増加中。最先端はアルゴリズム開発

バイオセンサーに関する人材ニーズは、水面下では既に相当な水準まで高まっている。ヘルスケア製品、医療機器ともに需要が高水準であり、開発元はもちろん、センサーやソフトウェアなどの要素技術を開発する企業でも、開発にかなりの人的リソースを割いているためだ。

求められるスキルは、ジャンルによって異なる。ヘルスケア製品、医療機器などのハードウェア関連ではデジタルおよびアナログ回路設計、各種センサー、マイクロデバイスなどの開発経験があると有利。それらに付随する組み込みOSなどのスキルも生かせる。
医療機器ではメカトロニクスの経験、さらに遠隔監視デバイスが増加する見通しであることから、情報通信関連のスキルも歓迎される。

一方、注目企業で紹介した「感性スペクトル解析システム」のような新アルゴリズムの考案も、各種生体情報分野でニーズが急速に増えていくものと思われる。これについては高等数学およびソフトウェア開発についてのセンスを持ち併せていればOK。「あとはむしろ興味、関心と熱意の問題。最初に本を読んで生体情報の勉強をするよりは、開発を進めながら勉強したほうが効率がいいくらい」(武者氏)であるという。
今後、各分野で大ブレイクすることが期待できるバイオセンサー。求人も今後増加していく可能性が高いだけに、各媒体で常時情報を収集しておくことをおすすめする。

サイトでは<注目企業><バイオセンサー業界のエンジニアニーズ>を掲載中
 :
 :
この記事の続きは[livedoor キャリア]で


■関連リンク
livedoor キャリア
醜悪!出世争いというなのバトル・ロワイヤル
『資格』を取るのはお金のため?スキルアップのため?
自分と比較!もしエジソンが29歳でレジュメを書いたら
【面接対策】面接になると緊張してしゃべれない人は必見!
【面接必勝法】情報を活かすことができるかが合否のポイント