ネクソンアメリカは、オンラインゲーム「メイプルストーリー」において、北米市場での会員数が300万人を突破したと発表した。

 「メイプルストーリー」は横スクロールのアクションRPG。北米市場では月額及びパッケージ代のみの課金形態がメインだが、「メイプルストーリー」は日本と同様の基本無料+アイテム課金でのサービスを提供。2007年2月の一ヶ月間で60万個のアバターアイテムを販売、売り上げは160万ドルを突破したという。会員数が300万人の大台に達したのは2006年11月のことで、こちらは正式サービス開始後1年半での記録。

 オンラインゲームの世界では、作品の質から北米が「本場」といわれることが多いが、ネクソンは北米市場向けの開発会社「Nexon Publishing North America, Inc(NPA)」を設立するなど、昨年よりアメリカに注力する姿勢を見せており、韓国からの北米制覇がなるか否かが注目を集めそうだ。

■関連ニュース
【東京国際アニメフェア】コナミの「武装神姫 バトルロンド」、国際アニメフェアにプレイアブルで登場!
LOST ONLINE、3月29日にランダムでアイテムが当たる「LOSTスクラッチ」を実装
ネオスチーム、3月27日より「小さい春みつけた」イベントを開催
リネージュII、インタールードアップデート記念2大ゲームイベントを3月27日より実施
ネットdeすごろく す〜ぱぁ★リッチ、ファイナルクローズドベータテスターの募集を開始! Slash Games枠は100名!