世界中でヒットした、あのマンガがオンラインゲームになる。原作者の鳥山明氏監修によるゲーム空間に、自分のキャラクターも参加することができる。

バンダイナムコゲームスは、「ドラゴンボールオンライン」のサービス開始を決定したことを、3月20日に発表した。2007年夏に韓国でβテストサービスを開始し、日本でのサービス開始は2008年になる予定。

 PC用のMMORPG(多人数参加型オンラインロールプレイングゲーム)として開発される「ドラゴンボールオンライン」は、原作コミックのはるか未来という独自の設定。プレイヤーは、髪型などをカスタマイズできる自分自身のキャラクターを作成し、他のプレイヤーとチャットや対戦をしたり、協力して敵を倒すなどのイベントをクリアしながら、キャラクターを成長させていく。さらに、原作シリーズにはない新キャラクターも登場するなど、オンラインゲームならではの楽しみ方が加わるようだ。

 原作者である鳥山明氏が全面的に監修に参加。発売はバンダイナムコゲームス、企画・開発はNTL。韓国でのサービスはバンダイコリアが行う。サービス料金やダウンロード価格は現在未定となっている。


プレスリリース:「PC用オンラインゲーム「ドラゴンボールオンライン」のサービス開始を決定」 (PDF)

MarkeZine編集部 [著]

■関連記事

国内初、サントリーが体験型ゲーム内広告を「大航海 Online」で展開[2007年03月27日]

次世代のネット業界をリード「Yahoo! JAPAN研究所」設立[2007年03月27日]

学生参加型ブロードバンドコンテンツ作成プロジェクト「2006年度 BBCoach Project」開催[2007年03月26日]

今年一番のWebサイトは「ハンコヤドットコム」に決定。ベストECショップ大賞2007[2007年03月26日]



■記事全文へ