(c) ラレコ/ネトアニ
 人気絶頂のネットアニメ「やわらか戦車」のDVD「やわらか戦車 The Legend of Yawaraka Tank」の発売を記念した、作者ラレコ先生へのインタビュー後編では、ネットアニメ作家として歩み出すきっかけや自身のクリエイターとしての自己分析的な逸話からスタート。さらに、ネットアニメ作家を目指す人たちへのメッセージや、3月21日にジェネオン エンタテインメントから発売されるDVDの見所なども語っていただいた。ネットアニメ作家を目指したい人は必見だ。

◆ネットアニメ作家の道へと進んだわけ

――クリエイター面でのお話を伺えればと思います。影響を受けた方はいらっしゃいますか? もしくは、好きな方ですとか。

ラレコ先生(以下、ラレコ):もともとマンガ家志望でしたので、大友克洋さんとかは好きでしたね。でも、たくさんいて、この人、という方はいないです。ミュージシャンとか、好きな映画とかもそれはもういっぱいという感じですね。

――ちなみに、随分と歌も作られていますが、バンド活動をされていたのでしょうか?

ラレコ:いや、そこまではしてないですね。楽器関係では、ギターが始めて半年、というレベルの腕前です。

――では、「やわらか戦車」に歌をつけようというところで、ほぼいきなり始めたというわけですか!

ラレコ:そんな感じです。ですから、絵を描くにしても、音楽をやるにしても、話を作るにしても、自分は決して取り立て秀でてはいないという認識があります。絵なり音楽なり話なり、どれか1分野だけでプロとしてやっていくというのは無理だと。だけど、それらをうまく組み合わせてディレクションしたら、プロとしてやっていけるのではないかというところですね。

――自己分析に優れているといいますか、適材適所のディレクション能力に優れているといいますか……。

ラレコ:自分ではよくわかりませんけど、できないことはやらないという(笑)。

――でも、それぞれの才能に秀でているわけではないとはおっしゃいますが、それでもやはり絵はかわいく描けるし、歌も面白かわいく歌えて、ストーリーも作れるわけじゃないですか。でも、普通は絵もダメ音楽もダメ、話だけならまだなんとかなるかもしれないけどという状態で、ほとんどの人が簡単にはネットアニメを作れないだろうな、と思ってしまいます。

ラレコ:でも、話ができるのでしたら、十分いけると思いますよ。文字だけでテンポよく面白おかしく見せていくネットアニメはいっぱいありますから。

◆ネットアニメを目指す人たちへのメッセージ

――なるほどー。では、先生のように、ネットアニメを作ってみたい、と思っている人たちにアドバイスはありますか?

ラレコ:「ねばれ!」ですね。「できた!」までいける人はそこそこいると思いますが、それだけだと、ただできただけの作品になってしまいます。できたあと、そこにどれだけ付け足せるか、そこからどれだけ削れるか。つまり、粘れるかがポイントになると考えてます。

――そこからいかにブラッシュアップできるか、というわけですね?

ラレコ:そうです。

――ちなみに、機材はWindows環境ですか?

ラレコ:そうですね。マイクなんて、チャット用のやつですよ。前は800円のものを使ってましたが、最近はグレードアップして1,200円のものにしました(笑)。

――グレードアップというから、もう少し高くなったのかと(笑)。あまり性能は関係ないということですか?

ラレコ:いえ、もちろん性能が高いに越したことはないと思います。でも、使い方がよくわからないのですから(笑)。

――でも、機材に関係なくあれだけの作品を作れるわけですから、やはりアイディア次第なのかな、と先生の言葉から感じます。それに、絵を描くスキルや音楽を作るスキルも、ねばって腕を磨け、ということですよね。