フェラーリのファンに嬉しいニュースが届いた。今季開幕戦となるオーストラリアGP、最初のフリー走行でフェリペ・マッサ(25)とキミ・ライコネン(27)の2人が揃って好タイムを叩き出した。

現時点で間違いなく世界最速の男マッサは「最高の一日だった。我々はこのサーキットで乾燥路面用に2種類のタイヤを試したし、午前中には雨天を想定したタイヤでの走行も試している。2007年シーズンを占う意味でも重要な一日だった。本番ではないことは十分に理解しているが、週末の初日としてはポジティブな結果を残せただろう」とコメント、仕上がりに自信を得た様子だった。

また、キミ・ライコネンも「トラブルが無い訳ではないが、このサーキット攻略のデータを揃えることには成功したはずだ。データをしっかりと分析して、本番に挑む」と手応えを語っている。