フェルナンド・アロンソが今季からマクラーレンに移籍した事により、ルノーのファースト・ドライバーとなったジャンカルロ・フィジケラが14日、4日後に迫ったオーストラリアでの開幕戦に挑む意気込みを語った。

「オーストラリアのサーキットはお気に入りのコースの1つだ。ここでは数々の良い記録を作ったし、2005年には優勝も果たした。公道を走行するので、予選順位の入れ替わりガ激しく面白い。過去にメルボルンで結果を出しているR26とR25を元に開発されたR27は完成度も高く、スタッフ一同満足している。シーズンオフの間、我々は練習を積んだので、初戦から強豪と戦う力が十分に備わっている」と自信をうかがわせるコメントを残した。