マイクロソフトの次世代ゲーム機「Xbox360」が、以前GIGAZINEでも取り上げたように、価格競争力でソニーのPS3を圧倒するためにも値下げに意欲を示しているという話がありましたが、どうやら値下げするだけでなく、上位モデルを発売する可能性があるそうです。

上位モデルは5月発売で、HDMI端子を搭載するなどのスペックアップが施されているかもしれないとのこと。

詳細は以下の通り。
Xboxic >> Xbox 360 Premium takes Core place at 299?

この記事によると、あくまで噂の領域を出ないとのことですが、現行のXbox360がコアシステムと同じ価格まで値下がりした上で、コアシステムは販売終了。そしてHDMI端子と120GBのHDDを搭載した黒いXbox360が発売されるかもしれないそうです。

ちなみにHDDがないコアシステムは時代遅れであり、販売終了まで数ヶ月を残すのみだという内部情報を提示した小売業者もいるとのこと。

GigaGamez >> Archive Microsoft Declines Comment on Rumor of 360 Price Drop in May <<

なお上記の記事によると、上位モデルと目されるXbox360は、およそ400ドル(約4万7000円)で発売されるかもしれないとしています。

日本市場でも巻き返しを図れるのでしょうか。

・関連記事
Xbox360、PS3、Wiiの消費電力を詳細に比較してみる - GIGAZINE

PS3とXbox360、製造コストの削減が勝敗の鍵に - GIGAZINE

2007年中に静音、省スペース、低発熱、低消費電力のXbox360が登場か - GIGAZINE


記事全文へ