ACミラン移籍が噂されるロナウジーニョ(26=バルセロナ)が“ベストプレイヤー”10人を挙げている。ACミラン移籍を根強く報道するコリエレ・デッロ・スポルト紙(5日付)の特集記事の中で、ロナウジーニョが寸評を交えてベストプレイヤーを選出している。ロナウジーニョが挙げた10人の選手と寸評は以下の通りとなった。

1位=ジダン「歴代最高の選手で、自分のなかでのアイドルの1人。彼のプレイを見ることは目の保養になる。生まれ持ってのエレガントなプレイ、驚愕のボールタッチとゲームビジョン。(ドイツW杯での)マテラッツィへの(頭突き)事件だけを取り上げることは間違っている」

2位=ロナウド「子供の頃からのヒーローの1人。カンプノウに初めて来たときにはユニフォーム交換をお願いしたよ。才能、パワー、リズムに加え、いとも容易く得点する能力。彼に対する批判は正当ではない」

3位=マルディーニ「『経験』の一言に尽きる。いかなる状況下でも、チームを立て直す能力がある。敵の動きを冷静に読む彼との対戦はいつもシビアだ。何よりあの歳で現役というだけでも真のプロフェッショナルだよ」

4位=ロナウジーニョ「自分について何を語ればいいのかな?」。5位=シュマイケル「直接試合をしていないが、世界最高峰のGKだった」。6位=リバウド。7位=ギグス。8位=フィーゴ。9位=アンリ。10位=シェフチェンコ。

佐藤 貴洋