【面接対策】アナタは自分の強みを知っていますか?

写真拡大

転職の強み「見える化」作戦

最近、製造業を中心に問題解決の手法として脚光を浴びている「見える化」。メーカーエンジニアは、社長や上司が話しているのを耳にする機会も増えているのではないだろうか。この特集では、その方法論を転職に応用するためのノウハウをまとめた。「見える化」とは何かを知って、アピール力アップに役立てよう。

強みの「見える化」が必要なワケ

某人材コンサルティング会社代表取締役A氏は語る

「知っておいてほしいのは、最初に職務経歴書を読むのも、面接で最初にお会いするのも人事担当者だということです」

A氏は、応募者が見落としがちな盲点をこう話す。

「多くの人事担当者は、技術を深く知っているわけではない。私自身もそうでした。つまり、技術にそれほど詳しくない人にも自分の価値が伝わるような工夫がなければ、人事選考の段階で終わってしまうのです」

この指摘を踏まえれば、職務経歴書を書くときも、これまでの経験や仕事の中身を列挙するだけでは物足りない。人事担当者に興味を持ってもらえるように、何がアピール材料なのかをはっきり「見える化」しなければならないのだ。

「だからといって、だらだらと長文でアピールするのも逆効果です。私が採用担当者だったときは年間4000通もの職務経歴書に目を通していましたから、一文が長いと見た瞬間に読む気がなくなってしまう。いつ、どんな技術を、どんな立場で、どのくらいの人数・期間でやったのかなど仕事の5W1Hが端的にまとめてあると、それだけで『この人は優秀そうだ』といい印象を持つものなのです」

仮に応募書類にこうした工夫がなくても、書類選考をパスすることはあるだろう。しかし、「書類上で5W1Hが整理されていないと、最終アピールの場である面接がそれらの確認で終始してしまうというデメリットもあるのです」とA氏は指摘する。面接の場で面接官が知りたいのは、応募者の考え方や性格などの人柄。質疑応答をこちらの方向に持っていくためにも、スキル・技術力のアピールは応募書類の段階で終わらせておくくらいの気構えが必要なのだ。

会話のキッカケまで見えるとGood
 :
 :
この記事の続きは[livedoor キャリア]で


■関連リンク
livedoor キャリア
【面接必勝法】情報を活かすことができるかが合否のポイント
【女の転職】20代で年収400万以上が狙える「ちょっと良い仕事」
営業力に+α[転職に強い資格ベスト5-営業職編-]
年収格差1000万!?[33歳の年収格差実態レポート]
あの一瞬で不採用が決定![面接でのNG発言大賞]