YouTubeが著作権違反の動画対策に乗り出した。ひとたび違反だと判定されると、関連する動画は一切アップロードできなくなるかもしれない。

 MercuryNews.comによると、GoogleはYouTubeの違法動画アップロード対策として、Audible Magicの技術を使う方向で準備に入っているようだ。この技術は投稿動画の音声を抽出し、あらかじめデータベースで管理されている著作権音声情報をすりあわせることで、動画が著作権違反かどうかを判断する。音声で識別されるため、仮に著作権に抵触する動画の一部を切り取り、他の動画の中に挿入したような動画でも有効になる。また、本来動画とは関係ない音楽をのせて編集したファイル(いわゆるMADムービーなど)もはじかれることになる。

 今までYouTubeでは違法動画に対し、削除要請があったときのみ削除するという後手にまわった対応をしていたが、このフィルタリングを導入することにより、動画が投稿されるタイミングで違法動画を拒否することができる。加えて、一度「違法」と判断した動画は、どのアカウントからの投稿であっても、金輪際受け付けないという措置をとることも可能になる。

 なお、このフィルタリングはすでに大手SNS「MySpace」に導入されている。


参考記事:"Google to start filtering YouTube videos" (MercuryNews.com)


■関連記事

ネットでのプライバシー侵害などの被害者が、発信者の個人情報公開を求めるガイドライン発表[2007年02月28日]

宇多田ヒカル、ニューシングルのフルPV映像をブログパーツとして大公開[2007年02月28日]

著作権情報をネットで検索、使用料徴収も一元管理するシステムの構築が動き出した[2007年02月28日]

今年も4月に開催決定、リンクシェアの「アフィリエイト大見本市」に全員集合![2007年02月28日]



■記事全文へ