右斜め正面から見た「EOS-1D Mark III」

写真拡大 (全12枚)

「EOS-1D Mark III」は、2005年9月に発売した「EOS-1D Mark II N」の後継機にあたる、キヤノンのプロ用デジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル。高次元の快速・快適・高画質と、優れた信頼性を実現するため、本体のみならず周辺システムすべてを一から見直し、同社の技術を総結集して開発された。

「EOS-1D Mark III」は、約1,010万画素と高画素ながら、常用設定できるISO範囲を100〜3,200※1まで拡張した新開発大型CMOSセンサー(28.1×18.7mm:APS-Hサイズ)を採用。映像エンジンには「DIGIC III」を3個搭載したデュアル DIGIC IIIを搭載し、より高いレベルでの高画質化を実現する。約10コマ/秒の高速連写(連続撮影枚数約110枚※2)や、高速・高精度な19点(F2.8対応)クロス+アシスト26点の新エリアAF、見やすさを追求した視野率約100%の新開発高性能ファインダーなど、高い次元での快速・快適な撮影を可能にしている。

従来機種「EOS-1D Mark II N」の約1.5倍に相当する作動耐久30万回のシャッターを採用し、防塵・防滴性能を備えたEFレンズと、同時発表のアクセサリーを使用することで、撮影機材全体の防塵・防滴化を実現する。また総合的なセンサーダスト対策「EOS Integrated Cleaning System」の導入することで、プロの過酷な撮影状況にも適応する高い信頼性を確保している。
ユーザーインターフェースは、操作性の改善を図るとともに、EOS DIGITALシリーズ最大の3.0型大型液晶モニターで被写体を確認しながら撮影できるライブビュー機能を搭載する。さらに、ボディの軽量化と小型・軽量の大容量リチウムイオンバッテリーより、操作性と機動性が飛躍的に向上している。

本体サイズは、156W×156.6H×79.9Dmm、重さは約1,155g(本体のみ)。バッテリーは、専用のリチウムイオンバッテリーパックで、約2,200枚(常温23度)の撮影が可能。記録メディアは、CFカード(TypeI/II準拠)、SDメモリーカードの2つのメディアに対応する。

なお、キヤノンは「EOS-1D Mark III」の発売に合わせ、「スピードライト 580EX II」や「ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-E2」、「オリジナルデータセキュリティーキット OSK-E3」など、報道やスポーツ、スタジオ撮影などの現場で、プロの信頼に応える撮影環境を構築するためのアクセサリーを同時に提供するとしている。

※1 ISO感度(推奨露光指数)。ISO感度拡張により、ISO50、6,400も選択可能
※2 JPEG・ラージ記録時

プロ機一新!キヤノン デジタル一眼レフ「EOS-1D Mark III」発表会
<キヤノン>創業70周年記念のデジカメ、3月中旬に発売
激突!デジ一眼対決 キヤノン「EOS Kiss X」vs ソニー「α100」
1,010万画素突入!人気一眼デジカメ 「EOS Kiss Digital X」 新旧比較レビュー
キヤノン1,010万画素デジ一眼「Kiss デジタル」発表 発表会レポート

「EOS-1D Mark III」製品情報
「EOS DIGITAL」公式サイト
キヤノン株式会社

編集部:関口 哲司
Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.