COPYRIGHT (C) CAPCOM CO.,LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.
 カプコンは、PSP用ソフトPSP「モンスターハンターポータブル 2nd」において、2007年2月22日(木)よりクエストの配信を開始すると発表した。

 これは、通常ではプレイできない特殊なクエストのデータを配信するという企画で、配信されたクエストは自由に遊ぶことができるようになる。

 必要となるのはVer.3.10以上のシステムソフトウェア。これは「モンスターハンターポータブル 2nd」のディスクに収録されている。アップデートを済ませたあとに、最寄りのアクセスポイント「PlayStation Spot」へ行くか、自宅のPCにアクセスポイントがある人は、PSPとアクセスポイントを接続してデータをダウンロードすればOK。

 「PlayStation Spot」の場所はPSPの公式サイトから調べることができるので、自宅にアクセスポイントがない人は予めチェックしておくといいだろう。

 また、FOMA903用に「モンスターハンターポータブル 2nd」をテーマとした「きせかえツール」の配布がスタート。これはメニューや待ち受け、着信音などを「モンスターハンターポータブル 2nd」風にするというもので、通常315円かかるものが2月22日(木)に限り無料でダウンロード可能となる。加えてi-mode「モンスターハンターi」EZweb「モンスターハンター」の無料体験版の配信が開始される。

 ついに発売日が明日に迫った「モンスターハンターポータブル 2nd」。前作はハーフミリオンを越える売り上げを記録しただけに、売り手とユーザーの両方に期待のタイトルである。配信クエストをプレイしたい人は、ゲームディスクを使ってシステムソフトウェアをアップデートするといいだろう。

■関連ニュース
CABAL ONLINE、マナー違反に対する措置規定を発表
Master of Epic、声優ユニット「クローバー」が出演するゲーム内イベントを開催
PSP版「モンスターハンターポータブル2nd」発売日に抽選会を開催
バルビレッジ、コンボイベント「春の訪れを感じよう♪」を実施
REDSTONE、決済方法にモバイルSuicaが仲間入り