(C)2006 by ESTsoft Corp. All rights reserved. (C)2006 Gamepot Inc., All rights reserved.
 ゲームポットは、MMORPG「CABAL ONLINE(カバルオンライン)」において、2007年2月20日(火)よりマナー違反に対しての措置規定を発表している。

 「CABAL ONLINE」では、マナー違反を行うごとにポイントが加算され、1〜2ポイントで警告のメール送付、3ポイントでアカウントが永久停止される。永久停止されたアカウントは、一ヶ月以内に公式サイトの「誓約書」を郵送することにより一度だけ復帰措置を受けられるという。とはいえ、復帰の際には、キャラクター、アイテム、Azl、BPなどがリセットされることとなっており、かなり厳しい措置といえるだろう。

 ポイントには時効がなく、マナー違反の項目ごとに加算される量が決められている。中には「暴言・卑猥な表現などの公序良俗に反する行為」や「公序良俗に反する表現が含まれるキャラクターの作成及び使用」といったこれまでグレーゾーンとなっていた行為や、「公式サイト利用における、私物化・長文」「クライアント及び通信に影響を与えるようなツールに関する発言及びWebやURLの紹介」など、かなり具体的な項目も含まれており、「CABAL ONLINE」をプレイする上でのガイドラインとなりそうだ。

 ゲームポットはマナー違反に対し、「一層の監視強化と毅然とした対応措置を行ってまいります。」とコメントしている。オンラインゲームにおいてマナー問題は避けて通れないものだけに、具体的なガイドラインを提示したゲームポットの姿勢は評価されるものとなりそうだ。なお、公式サイトにはマナー違反となる行為とその理由が掲載されている。普通のプレイをしていれば関係がないとはいえ、「CABAL ONLINE」プレイヤーは一度は目を通しておいた方が良さそうだ。

●マナー違反一覧
ユーザー間トラブルに関する行為(ゲーム・公式サイト利用)
1 他プレイヤーへのプレイ妨害行為 1 point
2 他プレイヤーへの迷惑行為 1 point
3 他プレイヤーへのつきまとい 1 point
4 他プレイヤーへの暴言・誹謗・中傷 1 point
5 その他、運営が不適切であると認めた行為 1〜3 point

業務妨害・運営妨害に関する行為(ゲーム)
6 運営者に対する妨害行為 1 point
7 ゲームマスター及び運営者への、暴言・誹謗・中傷 1 point
8 ゲームマスターによる指示の無視 1 point
9 運営者と関係があると思わせる行為 1 point
10 その他、業務妨害・運営妨害に関する行為 1〜3 point

ゲームプレイに関する行為
11 個人情報を含む、ID登録への虚偽の申請・不備及び詐称 3 point
12 公序良俗に反する表現が含まれるギルドの設立及び参加行為 1 point
13 公序良俗に反する表現が含まれるキャラクターの作成及び使用 3 point
14 不具合を利用した不正行為 3 point
15 不正クライアントの利用 3 point
16 クライアント以外の外部ツール・プログラムの使用 3 point
17 クライアントプログラムやゲームデータの変更・改ざん 3 point
18 不正によるゲーム内仮想通貨・ゲーム内仮想物品の増殖、及びその販売・使用 3 point
19 ユーザーアカウントの貸与・共有・販売・譲渡 3 point
20 その他、運営が不適切であると認めた行為 1〜3 point

公式サイト利用(掲示板、等)及び、ゲーム内での発言・行為
21 暴言・卑猥な表現などの公序良俗に反する行為 1 point
22 他の利用者・第三者・当社の著作侵害 1 point
23 他の利用者・第三者・当社に対する暴言・誹謗・中傷 1 point
24 他の利用者・第三者・当社に不利益を与える行為・発言 1 point
25 政治活動・宗教活動またはこれらに類似する行為 1 point
26 営利・非営利・個人問わず、商行為 1 point
27 故意に他人になりすます行為 1 point
28 クライアント及び通信に影響を与えるようなツールに関する発言及びWebやURLの紹介 1 point
29 公序良俗に反するような内容を含むWebやURLの紹介 1 point
30 日本の法規に違反するもの、また違反する恐れのある行為 1 point
31 公式サイト利用における、私物化・長文 2 point
32 現金取引・商業的な内容を含む広報活動 2 point
33 虚偽の内容や風説等の流布 2 point
34 本サービスの運営上、支障をきたすと判断される取引行為とそれに準じた行為及び発言 2 point
35 不正ユーティリティ・マクロツール・改ざんツールなどの配布行為 3 point
36 ゲーム内仮想通貨・仮想物品等の電子情報の現金売買、及びそれに準じた行為及び発言 3 point
37 その他、運営が不適切であると認めた行為 1〜3 point

■関連ニュース
Master of Epic、声優ユニット「クローバー」が出演するゲーム内イベントを開催
PSP版「モンスターハンターポータブル2nd」発売日に抽選会を開催
バルビレッジ、コンボイベント「春の訪れを感じよう♪」を実施
REDSTONE、決済方法にモバイルSuicaが仲間入り
Maru-Jan、都道府県別対抗イベント「丸雀甲子園」を実施