先週末に「オトメディウス」という隠し球を出して業界関係者とシューティング大好き野郎どもを震え上がらせたコナミですが、そのグラディウスシリーズの第1作目である「グラディウス」について、いろいろな人のプレイムービーを重ねて、どういうプレイが平均的なものであるのかを割り出そうという実験ムービーがYouTubeにあります。

何も知らない状態で見ると、オンラインで同時に複数人がビックバイパーを操作して迫り来る敵を集団でボコボコにしているようにしか見えないので、非常に面白い。特にラストのボス戦はものすごいことになってます。

再生は以下から。
YouTube - Averaging Gradius

高画質版がこの企画を実施した人のサイトに置いてあります。

Averaging Gradius | The New Gamer

あまりにも壮絶すぎる戦いがここに


もはや何がどうなっているのかわからないボス戦


参加した人数は全部で15人、最後のボスを撃破する平均タイムは20.055秒。最速でボスを倒した人は10.01秒だったそうで。上記サイトの一番最後に集計した表があるのですが、平均がわかるようなわからないような……。

・関連記事
グラディウスIIIのキューブをひたすら避けるゲーム - GIGAZINE

ルービックキューブの解法を必ず見つける「Rubik’s Cube Solver」 - GIGAZINE


記事全文へ