GDHのグループ会社であるゴンゾロッソオンラインは2月15日に、オンラインゲーム事業での情報システム基盤強化を目的として、TISとの業務提携を発表した。今回の提携に基づき、今後TISから情報システムコンサルティング、システム設計・開発および運用などのシステム支援サービスの提供および出資を受ける。

 TISは1971年に設立、企業情報システム事業(アウトソーシングサービス、ソフトウェア開発、ソリューションサービス、インターネットデータセンター事業、ウェブ構築など)を提供するシステムインテグレータ。

 ゴンゾロッソオンラインはこれまで、「ナイトオンライン」「Master of Epic」の人気オンラインゲーム2種を運営してきたが、今回TISによる情報システム系統へのサポートを得ることで、オンラインゲーム運営の基幹部分である情報システムを強化し、より信頼性の高い堅牢なサービス提供につなげたいとの考え。

 GDHは、保有するゴンゾロッソオンライン株式19,500株のうち、1,500株をTISへ譲渡し、この結果TISはゴンゾロッソオンラインの発行済株式数の6.3%を取得する。

■関連ニュース
ファミスタオンライン、「プロ野球 12球団ルーレット」のサービスを開始
ゲームポット、So-netとの連携イベント、「冬のパンヤラリー So-net杯」を開催
ドラゴンジェムプラス、「ペット先行配布イベント」を開催
Angel Love Online、PSP版「ルミネスII」とのコラボイベントを実施
ハンゲームの「チョコットランド」、正式サービスをスタート