残念ながら上位は韓国プレイヤーの独占となってしまった
 サイバーステップは、オンラインゲーム「ゲットアンプドR」において、2007年2月10日(土)に行われた世界大会の結果を発表した。

 この大会は「ゲットアンプドR」サービス地域から代表を選出、決勝を韓国にて行ったというもの。日本代表は個人戦で4位と6位に入賞。チーム戦では惜しくも本戦に参加することはできなかった。個人戦、チーム戦共に韓国のプレイヤーが1位〜3位を独占。「ゲットアンプド」熱の高さを知らしめることとなった。

 個人戦1位のプレイヤーには1万ドル、チーム戦1位のチームには1万3千ドルの賞金が贈られたこの大会、入賞者の最年長でも22歳(チーム戦2位の韓国チームに所属)、最年少は14歳(個人戦8位のタイプレイヤー)、主力は10代後半となっており、年少のプレイヤーが「ゲットアンプド」を支持していることが浮き彫りとなった。

 開場前には1万人を越えるファンが1km近い長さの列を作り、会場では「ゲットアンプド」プリクラやカートが出展されるなど、かなりの盛り上がりを見せた世界大会。

 日本での正式サービスがついにスタートするなか、台湾でのユーザー数が100万人、全体のユーザー登録数が2000万人を超えたとも発表され、今後の展開が注目されるところだ。

■関連ニュース
「アイドルマスター XENOGLOSSIA」待望のアニメ化、ネット配信も
【AOGC2007】ゲーム運営会社を狙う不正アクセスの実態とは
Shoot it! - #18 プロゲーマーと確定申告
マイクロソフト、Bluetooth対応キーボードとマウスのセットやワイヤレスヘッドセットなど5製品
セガ、PS3用バーチャスティックハイグレードの不具合原因を発表