(C)2003-2007 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
 コーエーは、MMORPG「信長の野望 Online」において、2007年2月28日(水)にアップデートを実装すると発表した。

 このアップデートは正式実装に先駆けてテストサーバーでの試験が行われる。テストサーバーへの実装は2月14日(水)から。

 敵がどの味方キャラクターを攻撃目標とするかを決める「標的度システム」に見直しが加えられ、敵がプレイヤーに与えられたダメージの量に応じて目標を変更するようになり、プレイヤーの側には「敵から自分がどの程度狙われているか」が表示されるようになる。また、戦闘技能にも調整が加えられる。これは今まであまり使われなかった技能に焦点を当てたものとのこと。加えて、テストサーバーではボス級の相手がフィールドに試験的に配置される。このボスはこれまでとは違ったアルゴリズムで動くことが予告されており、上記の変更と合わせて新たなスリルを提供してくれそうだ。

 「楽市楽座」では売り子の扱う品物の検索機能の強化と、売り上げ明細通知機能の追加が行われる。また、生産レシピの材料の供給の調整に加え、「傾奇者」の技能目録が調整され、「薬師」に新高性能アイテムの生産レシピが追加される。

 拡張パック「破天の章」では初の大型アップデートだけに、「信長の野望 Online」プレイヤーから熱い注目を集めることになりそうだ。

■関連ニュース
SPECIAL FORCE、会員登録者数が50万人を突破
ビッグショット、18日まで「GMレナのValentine's Day チョコレートプレゼント」イベントを開催
ウルティマ オンライン、「Valentine’s Day 2007」イベントを開催
ゲットアンプドR、2月26日より正式サービスをスタート
NOLF2からF.E.A.Rへ、COMのAIはどう変わったか― IGDA日本ゲームAI連続セミナー