ガンホー・オンライン・エンターテイメントは2月6日に、任天堂との間で、ニンテンドーDSに関するライセンス許諾と製造委託についてのDSライセンス/製造委託契約を締結したことを発表した。

 ガンホーは、子会社であるゲームアーツにおいて家庭用ゲームソフトウェアの開発を行ってきたが、今後はガンホー本体においても家庭用ゲームソフト事業の強化を図っていく。今後両社は、相互に協力してゲームプログラムおよびカードの開発を行い、ニンテンドーDSに家庭用ゲームソフトを提供していくこととなる。

 今後、ニンテンドーDSのWiFiを活かしたオンライン対応ゲームが登場してくるだろうことは想像に難くない。現在ガンホーが提供しているゲームは、「ラグナロクオンライン」「A3」「タントラ(TANTRA)」「エミル・クロニクル・オンライン」「ヨーグルティング」「ポトリス2」「エクストリームサッカー」といったもの。広く支持されている作品が多数あり、正統な移植作か外伝的扱いかは分からないが、これらPCオンラインゲームが移植される可能性は高いだろう。

 ただし完全オリジナル作品の可能性もある。非常に強い影響力を持つだけに、今後ガンホーの動向に要注目だ。

■関連ニュース
シールオンライン×シールオンラインTCG、バレンタインコラボイベントを開催!
RF Online、移管先がゲームオンに決定
Xbox 360プラチナコレクション第二弾を3月15日に発売
リアルとバーチャルを行き来する記者説明会― AOGC2007プレイベントで
オンラインゲーム一週間「注目の超人気タイトルが体験版を先行提供、そのアピール効果は?」