(c)2000-2006 JOYIMPACT Co., Ltd./Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.
 ハンビットユビキタスエンターテインメントは、MMORPG 「WYD(WITH YOUR DESTINY)」において、2007年2月5日(月)より「前哨戦」システムをスタートすると発表した。

 「前哨戦」とはチャンネル間で戦争が行えるシステム。これまでPvP(プレイヤー同士の戦い)戦はチャンネルの中での戦いとなっていたが、今後はチャンネル同士の戦いが可能となる。宣戦布告が行われると、月〜金の21時〜22時に「前哨基地」の防衛戦が発生。「前哨基地」を占領することができれば他のチャンネルのギルド戦や攻城戦に参加、税金を回収できるようになる。前回のアップデートからチャンネルに対し「市民登録」を行うことが可能となっている。「市民登録」したチャンネルでは10%ドロップ率が上がるほか、城を所有しているギルドマスターがゴールドを支払うことで「市民登録」したプレイヤー全員のドロップ率がアップする。

 珍しいチャンネル間の戦争により、今後は利権を巡る戦いがより一層激化することとなりそうだ。

■関連ニュース
Xbox 360プラチナコレクション第二弾を3月15日に発売
リアルとバーチャルを行き来する記者説明会― AOGC2007プレイベントで
オンラインゲーム一週間「注目の超人気タイトルが体験版を先行提供、そのアピール効果は?」
とぅいんくる、新キャラクターをお披露目
Second Life内でのクリエイティブ・ビジネス活動を支援する、ファンドプロジェクトがスタート〜仮想通貨リンデンドルによる投資ファンド設立も