大会最多5度目の優勝を果たしたヒンギス (C)B.O.S.

写真拡大 (全4枚)

 女子テニスの東レ・パンパシフィックオープン第6日は4日、東京体育館でシングルス決勝を行い、世界ランク6位のマルチナ・ヒンギス(スイス)がセットカウント2−0(6−4、6−2)のストレートで、世界ランク16位アナ・イワノビッチ(セルビア)を破り、大会最多5回目の優勝を果たした。

 3日の準決勝では、昨年決勝で敗れたデメンチェワに1時間10分、ストレートで快勝と、今大会絶好調のヒンギス。決勝で顔をあわせたイワノビッチは、昨年モントリオールの大会で黒星を喫した相手。

 だが、勢いに乗るヒンギスは、今大会4試合すべてとなるストレート勝ちでイワノビッチも降し、大会最多、5度目の優勝を果たした。

画像 シャラポワ、ヒンギスのプレーを写真で振り返る - 写真ギャラリー