準々決勝に進出したシャラポワ (C)B.O.S.

写真拡大 (全3枚)

 女子テニスの東レ・パンパシフィックオープン第4日は2日、東京体育館でシングルス準々決勝を行い、世界ランク1位のマリア・シャラポワが世界ランク26位の杉山愛を2−1(4−6、6−0、6−1)で降し、準決勝に駒を進めた。杉山は第1セットを奪う健闘を見せたが、第2セット以降、リズムを掴んだシャラポワの前に敗れた。

マリア・シャラポワ写真ギャラリー - livedoor スポーツ